中性脂肪 高い

中性脂肪が高いとどうなるのでしょうか

中性脂肪の数値の高さを指摘された方や、中性脂肪が気にはなっているけど、高いとどうなるのかよくわからない、という方の為に、中性脂肪が高くなると、どういったことが心配されるのかについてご紹介します。

一般的に肥満の方や、肥満気味の方の多くが、中性脂肪の数値が高くなります。
それ以外の方でも、見た目は普通なのに、内臓に中性脂肪がしっかり付いている場合もありますし、まだ症状が出ていないのに、中性脂肪の数値が高い方もいます。

ですので、太っていないからと言って、決して安心出来るものではありません。

では、この中性脂肪の数値が高いとどうなるのでしょうか。

まず、中性脂肪の役割から見ていきましょう。

中性脂肪の役割は、私たちの体を動かすエネルギー源であるブドウ糖が不足した場合、それを補うエネルギー源となることです。

つまり、中性脂肪は、一定の量は、私たちの体には必要なものなのです。

しかし、体内に取り込まれたエネルギーが余ってしまった場合、それが肝臓に蓄えられ、それ中性脂肪に合成されて、皮下脂肪として体内に蓄積されてしまうのです。
その皮下脂肪が増え続けることによって、肥満になってしまいます。

それだけではありません。

肝臓で増え過ぎると脂肪肝になってしまいますし、様々な病気を引き起こしてしまいます。


中性脂肪が基準値・正常値を超えた場合に、引き起こされる可能性のある病気・疾患をご紹介しておきますので、それらの症状に心当たりがある方や、心配な方は、定期的に検査を受けるようにしましょう。

・高脂血症、糖尿、ネフローゼ症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、肝臓癌、肝硬変など


中性脂肪の数値が高くなる原因には、アルコールの飲み過ぎや、運動不足、食生活の乱れなどが多いので、注意しましょう。

中性脂肪を下げる方法として、以下の記事が良く参照されています。

中性脂肪を下げる方法関連情報

中性脂肪が高いと、どうなるのでしょうか。
様々な病気や疾患を引き起こす原因となります。
中性脂肪の役割を解説し、どのような働きをするのかご紹介しています。