中性脂肪 コレステロール

中性脂肪とコレステロールの違いとは?

コレステロールも中性脂肪と一緒に検査されることが多いですが、
どちらも同じものだと思っていませんか?

コレステロールも中性脂肪も脂肪であることに変わりはありませんが、性質には多少の違いがあります。では、どういった点が同じで、どういった点が異なるのかについてお話していき、その関係についてご紹介したいと思います。

中性脂肪は、脂肪をエネルギーとして体内に蓄えられ、必要に応じて脂肪酸になり、エネルギーとして使われます。

一方コレステロールは、細胞膜の構成成分であり、副腎皮質ホルモンや性ホルモンを合成し、胆汁酸の材料にもなります。

いずれも脂肪の一種であることは同じですが、使われ方が異なるのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールには、善玉と呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールがあります。
いずれも私たちの体には必要なものなのですが、LDLコレステロールが増えすぎてしまうと、血管壁の傷ついたところなどに付着し、血管を細くして、動脈硬化の原因になるなど、様々な病気を引き起こしてしまいます。

また、HDLコレステロールは、血管に付着したLDLコレステロールを取り除いて肝臓に運ぶ働きをするなど、体に良い影響を与えてくれます。

したがってこのHDLコレステロールの数が多ければ多いほど良いようです。

では、コレステロールと中性脂肪にはどのような関係があるのでしょうか。

中性脂肪が増え過ぎると、LDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らしてしまうことがわかっています。

つまり、中性脂肪の増加は、動脈硬化などの原因になってしまうのです。

動脈硬化などを引き起こさないためにも、中性脂肪を増やさないことが大切です。

中性脂肪を下げる方法として、以下の記事が良く参照されています。

中性脂肪を下げる方法関連情報

中性脂肪とコレステロールの関係をご紹介しています。
一緒にされることがある中性脂肪とコレステロールですが、性質に多少の違いがあります。
どういった点が異なるのでしょうか。