中性脂肪を下げる方法 基準値 正常値

中性脂肪の基準値・正常値を知って、自分の状態を知りましょう

中性脂肪の数値が高いと指摘された方や、最近自分の体型が気になり始めた方、肥満の方は、健康のために、中性脂肪の基準値・正常値を知った上で、自分の中性脂肪の正確な数値を知っておく必要があります。

一般的に肥満の方の多くが、中性脂肪の数値が高いとされています。
広く知られているのが、お腹周りの中性脂肪ですよね。


この中性脂肪が高くなると、体調不良の原因になったり、様々な病気を引き起こしてしまうため、健康を維持するためにも、中性脂肪の数値は、できるだけ基準値・正常値に保っておく必要があるのです。

では、中性脂肪の基準値・正常値は、どのくらいなのでしょうか。

中性脂肪の基準値・正常値は、空腹時で50〜149mg/dlです。

この範囲内であれば、正常であると言えます。

中性脂肪の数値は、血液検査で知ることができます。

健康診断や人間ドックを定期的に受けている方は、診断表を見れば、自分の数値を知ることができ、それに基準値・正常値を照らし合わせてみると正常かどうか一目瞭然ですよね。

自分で、それを判断するためにも、基準値・正常値はあらかじめ知っておく必要があるというわけです。

血液検査の前は、少なくとも4時間以上は食事を避け、空腹状態にしておきましょう。
正確な数値が出ませんので、注意してください。


1度の検査で正常範囲内だったからと言って、安心は禁物です!
肥満気味の方や、そうでない方でも内臓にしっかり中性脂肪がついている場合がありますので、できれば1年に1度の血液検査を受けるのがおすすめです。

中性脂肪を下げる方法として、以下の記事が良く参照されています。

中性脂肪を下げる方法関連情報

中性脂肪の基準値、正常値をご紹介しています。
一般的に、肥満の方の多くが中性脂肪が高いとされています。
あなたの中性脂肪は正常値でしょうか?
こちらの情報を参考にして、比べてみてくださいね。