中性脂肪を下げる方法 納豆

納豆は手軽に中性脂肪を下げることができる食品です

中性脂肪を手軽に下げることができる食材「納豆」をご紹介します。

「納豆は、毎日の食事に欠かせない」、という方もいると思いますが、苦手な方も多いですよね。

しかし、「納豆」は、中性脂肪を下げる効果があるので、中性脂肪が高い方に、積極的に食べていただきたい食材なのです。


「納豆」には、豊富なビタミンB2が含まれており、それには過酸化脂質を分解する働きがあり、血液中の余分な脂肪、つまり中性脂肪をを取り除き、動脈硬化や老化の予防に効果を発揮します。

「ナットウキナーゼ」で血液もサラサラに!

また、「納豆」特有の成分に、「ナットウキナーゼ」があります。

「ナットウキナーゼ」とは、納豆に豊富に含まれる酵素のことであり、血栓に働きかけて、分解する作用があります。

わかりやすくいうと、ドロドロの状態の血液をサラサラの状態にしてくれるのです。

血栓によって引き起こされる心筋梗塞脳梗塞を予防する効果も高く、様々な生活習慣病の予防・改善に効果が期待できます。

さらに、「納豆」には、血中コレステロールを下げ、善玉コレステロールを増やす効果がある「レシチン」や、体内の中性脂肪を吸収し、便として排出する「食物繊維」、血圧を下げる効果がある「カリウム」など、豊富な栄養成分がギュッと詰まっています。

「納豆」は、価格が手ごろで、どこでも簡単に手に入りますし、中性脂肪脂肪を下げるだけでなく、様々な効果が期待できるので、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。


毎日納豆を食べれない方にナットウキナーゼ&DHA&EPA

中性脂肪を下げる方法として、以下の記事が良く参照されています。

中性脂肪を下げる方法関連情報

納豆は、中性脂肪を下げる働きのある食品です。
どんな働きによって、納豆が中性脂肪を下げるのか、ご紹介しています。
手軽に食べられる納豆で、中性脂肪を下げる生活を始めませんか?