中性脂肪を下げる方法 EPA

中性脂肪を下げる「EPA」は、どんな食べ物から摂取できるの?

中性脂肪を下げるために効果的な成分である「EPA」と、その成分を含む食材についてご紹介します。

中性脂肪を下げる成分に「EPA」があります。

「EPA」は、「DHA」と同じく青魚の脂肪部分に含まれる成分で、血流をよくしたり、中性脂肪の数値を下げる効果があります。
中性脂肪を下げることによって、動脈硬化などの病気の予防にも効果が期待できます。

「EPA」は、不飽和脂肪酸と呼ばれ、血流を改善し、血栓を予防、中性脂肪を低下させる効果があり、中性脂肪が高い状態である「高脂血症」の治療薬としても使われているほど、高い効果が期待できます。
この「EPA」は、青魚の脂肪部分に含まれており、他の食べ物から摂取することができないため、中性脂肪を下げたいのであれば、積極的に青魚を食事に取り入れる必要があります。

効果的に「EPA」を摂取するなら、お刺身がオススメ

マグロやイワシ、サバ、ブリ、サンマなどが、「EPA」の含有量が多いのですが、最も効果的な食べ方は、お刺身です。

焼いたり煮たりすると、脂分が落ちてしまい、効果的に「EPA」を摂取することができません。
どうしてもお刺身が苦手な方は、ホイル焼きや蒸し焼きがおすすめです。

「EPA」は酸化しやすいので、酸化を防ぐビタミンCや、ビタミンEが多く含まれている野菜を一緒に食べるとさらに効果的です。

青魚には、「EPA」だけでなく、中性脂肪を下げる効果がある「DHA」も豊富に含まれていますので、積極的に摂取したいものです。

ただし、脂肪分には変わりないので、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいますので、バランスを考えて摂取するようにしましょう。

毎日の食事にプラスするだけ小林製薬 DHA&EPA EX

中性脂肪を下げる方法として、以下の記事が良く参照されています。

中性脂肪を下げる方法関連情報

中性脂肪を下げる働きのある成分「EPA」をご存知ですか?
EPAとは何かを解説し、EPAが含まれる食材をご紹介しています。
さらに、効率的にEPAが摂取できる方法もご紹介しています。