中性脂肪を下げる方法 DHA

青魚に含まれるDHAで中性脂肪を下げる

中性脂肪を下げる食材・成分はいろいろありますが、まずご紹介したいのが「DHA」です。

「DHA」は、不飽和脂肪酸と呼ばれ、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑える働きがあるため、血液中の中性脂肪を下げる働きがあります。

では、「DHA」は、どのような食材に多く含まれているのでしょうか。

「DHA」を多く含む代表的な食材が、青魚です。

マグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれているのが、不飽和脂肪酸と呼ばれる「DHA」なのです。

中性脂肪を下げたいと思っているなら、この青魚を積極的に食事に取り入れましょう。
その際に注意していただきたいのが、魚の脂肪を落とさないことです。

牛肉などの肉類を調理する場合、中性脂肪を減らすために、脂肪分を取り除いたりしますが、魚の場合には、この脂肪部分に「DHA」が豊富に含まれていますので、そのまま調理してください。
ただし、そうは言っても脂肪には変わりありませんので、エネルギーが高いので、食べすぎるのは良くありません。バランスを見ながら食事に取り入れて下さい。

青魚の干物にも「DHA」は含まれますが、干されている間に酸化している場合がありますし、塩分が気になりますので、干物を好まれる方は、塩分の少ない一夜干しや、新鮮なものを選ぶようにするといいと思います。

「DHA」は、中性脂肪を下げるだけでなく、子供の脳の発達を促進させたり、脳の活性化や痴呆予防・改善、アトピー性皮膚炎を改善をするなど、様々な効果が期待できるので、家族みんなで青魚を食べて、健康維持に役立てて下さい。

1日5粒で、DHA、EPAを摂取小林製薬 DHA&EPA EX

中性脂肪を下げる方法として、以下の記事が良く参照されています。

中性脂肪を下げる方法関連情報

中性脂肪を下げる成分DHAについてご紹介しています。
DHAを含んだ食材や、食べ方をご紹介していますので、中性脂肪を下げるための食事にお役立てください。