中性脂肪を下げる方法 食材 成分

中性脂肪を下げる食材や成分をご紹介!

中性脂肪を下げたいと思っている方や、中性脂肪が高くなることを予防したいと思っている方の為に、中性脂肪を下げる食材・成分をご紹介します。
「DHA」「EPA」「納豆」「お酢」「中鎖脂肪酸」など、身近にある食材や、手軽に取れる成分ばかりなので、さっそく今日から積極的に摂取してみてはいかがでしょうか?

中性脂肪を下げる食材・成分エントリー一覧

青魚の成分「DHA」で中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げる食材・成分はいろいろありますが、まずご紹介したいのが「DHA」です。「DHA」は、不飽和脂肪酸と呼ばれ、肝臓で中性脂肪が作られるのを抑える働きがあるため、血液中の中性脂肪を下げる働きがあります。では、「DHA」は、どのような食材に多く含まれているのでしょうか。「DHA」を多く含む代表的な食材が、青魚です。マグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれているのが、不飽和脂肪酸と呼ばれる「DHA」なのです。中性脂肪を下げたいと思っているなら、この青魚を積極的に食事に取り入れましょう。その際...
「EPA」を摂取して中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるために効果的な成分である「EPA」と、その成分を含む食材についてご紹介します。中性脂肪を下げる成分に「EPA」があります。「EPA」は、「DHA」と同じく青魚の脂肪部分に含まれる成分で、血流をよくしたり、中性脂肪の数値を下げる効果があります。中性脂肪を下げることによって、動脈硬化などの病気の予防にも効果が期待できます。「EPA」は、不飽和脂肪酸と呼ばれ、血流を改善し、血栓を予防、中性脂肪を低下させる効果があり、中性脂肪が高い状態である「高脂血症」の治療薬としても使われているほど、...
中性脂肪を下げる納豆の働き
中性脂肪を手軽に下げることができる食材「納豆」をご紹介します。「納豆は、毎日の食事に欠かせない」、という方もいると思いますが、苦手な方も多いですよね。しかし、「納豆」は、中性脂肪を下げる効果があるので、中性脂肪が高い方に、積極的に食べていただきたい食材なのです。「納豆」には、豊富なビタミンB2が含まれており、それには過酸化脂質を分解する働きがあり、血液中の余分な脂肪、つまり中性脂肪をを取り除き、動脈硬化や老化の予防に効果を発揮します。
お酢で中性脂肪を下げる
お酢が体に良いことは昔から知られていることですが、中性脂肪を下げる効果もあるということをご存知でしょうか。ここでは、中性脂肪を下げる食材である「お酢」.についてご紹介します。「お酢」の主成分は、酢酸.です。酢酸には、脂質の生成を抑えて、脂質の燃焼を促進する働きがあります。この酢酸を継続的に摂取することによって、内臓脂肪を効果的に低下させ、血液中の中性脂肪を下げる作用が期待できます。また、酢酸には、高めの血圧を下げたり、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする働きもあり、健康な血液を維持するために欠かせ...
中鎖脂肪酸で中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げる効果がある成分「中鎖脂肪酸」をご紹介します。「中鎖脂肪酸」を初めて聞いたという方や、聞いたことはあるけどよくわからないという方が多いのではないでしょうか。「中鎖脂肪酸」とは、飽和脂肪酸の一つであり、普通の油に含まれている飽和脂肪酸に比べ、消化吸収が早く、直接肝臓に運ばれて素早く分解されてエネルギーに変えられるので、体内に蓄積しません。また、代謝をアップして、中性脂肪を効果的に燃焼し、中性脂肪を下げる働きがあります。さらに、悪玉コレステロールの増加を抑える働きがあるので、様々な角度...

中性脂肪を下げる方法関連情報

中性脂肪を下げる食材や成分には、どんなものがあるのかご紹介しています。
食事の内容に気をつけることが、中性脂肪を下げることにつながりますので、チェックしてくださいね。