中性脂肪を下げる方法

中性脂肪を下げる方法


気になるお腹周りの中性脂肪を下げるために効果的な方法をご紹介!

中性脂肪が高い方や、中性脂肪が気になる方、最近お腹周りが気になる

という方の為に、中性脂肪を下げる方法をご紹介します。


健康診断や人間ドックの血液検査で、中性脂肪が高いと指摘された方や、中性脂肪が気になってはいるけど、具体的にどういうものかわからない、と言う方もいると思います。

そこで、まず、中性脂肪とは何か、数値が高いとどうなってしまうのかなどを知っていただくために、中性脂肪の基準値・正常値や、中性脂肪が高くなると引き起こされる病気や疾患などをご紹介します。

また、中性脂肪コレステロールの関係や、中性脂肪体脂肪の関係、中性脂肪内臓脂肪の関係、中性脂肪皮下脂肪の関係についても詳しくご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。
中性脂肪とは何か、またその危険性について知っていただいた上で、中性脂肪を下げる方法をいくつかご紹介します。

まずご紹介するのは、中性脂肪を下げる効果がある食材や成分です。
中性脂肪を下げる食材・成分には、「DHA」「EPA」「納豆」「お酢」「中鎖脂肪酸」などがあり、それぞれの食材・成分がどのような働きをするのか、また、それらを効果的に摂取する方法をご紹介します。

 

 

次にご紹介するのが、中性脂肪を下げる様々な取り組みです。

 

中性脂肪を下げる取り組みを、飲料やサプリメント、お茶、食事療法、運動など、様々な角度からご紹介していますので、きっと自分に合ったものがみつかると思います。
まずは出来ることから始めていただき、毎日少しづつでも中性脂肪を下げるために努力してみて下さい。

中性脂肪を下げる方法として、以下の記事が良く参照されています。

中性脂肪についてのコラム

■中性脂肪とは?

 

人間ドックや健康診断などで、中性脂肪を指摘される方や、中性脂肪が健康に良くないということは知っているけど、具体的にどういうものかはわからないという方がいると思います。
中性脂肪は、食事から摂取され場合、食品の表示に脂肪と書かれている場合は、ほとんどの場合が中性脂肪です。
中性脂肪と言うと、体についた脂肪のことだと思いがちですが、食事から摂取されることも多いのです。
中性脂肪は、太っている人にだけあるものと思っている方もいるかもしれませんが、食事からも摂取することが多いということからわかるように、誰にも存在するものです。
また、食事から摂取される他に、肝臓で作られることもあります。
中性脂肪は、体に全く必要がないものではなく、私たちが生きていくためのエネルギーとして働くため、なくてはならないものなのです。
ただし、その量が必要以上に多くなってしまい、数値が高くなることによって、様々な悪影響をもたらすようになるのです。

 

 

■中性脂肪の基準値とは?

 

中性脂肪は、正常の範囲内であれば、全く問題がありませんが、基準値を超えてしまうと、体に悪影響を及ぼしてしまうので、注意が必要です。
中性脂肪の基準値は、40〜130mg/dlです。
この数値以上になると、中性脂肪の高さを指摘されることになります。
正常値を知っておくことによって、自分の数値が異常かどうかを見極めることができるので、覚えておくとよいでしょう。

 

 

■中性脂肪を減らすには?

 

中性脂肪の数値が基準値を超えてしまうと、数値を下げることが必要になります。
中性脂肪が高いまま放置していると、動脈硬化などの生活習慣病の原因となるため、すぐにもで下げる努力が必要です。
中性脂肪の数値がさほど高くなければ、食事療法や生活習慣の改善などで、基準値にすることが可能です。
しかし極端に数値が高くなってしまった場合、病院での治療が必要になってきます。
薬物治療などによって、中性脂肪を正常にする治療が行われます。
中性脂肪が高い方というのは、太っている方に多いのですが、普通体型の方でも数値が高い方がいます。
自覚症状がほとんどないので、定期健診などで定期的にチェックすることをおススメします。

中性脂肪を下げる方法や、中性脂肪に関する知識をご紹介しています。
中性脂肪の基準値や、中性脂肪を下げる食品や成分、中性脂肪を下げる様々な取り組みをご紹介しています。
気になってきた脂肪にサヨナラしましょう!